信頼の村上製本さんから
ちかくの記念写真館のための特製台紙が届きました

美しいまっさらの美濃和紙でくるんでいます

写真館のご予約は塩屋の食と空間「flag」
flagginshioya@gmail.com まで

 

 

 

『ちかくの記念写真館』

 

ヘアスタイリストの久美子さん
yumahareの佳織さんとともに開く
ふつうの日のための写真館です

 

久美子さんは美容室が苦手な人も心地よく髪をまかせられるお方です
私も写真が苦手という方によろこんでいただけることがけっこうあります
佳織さんはたくさんの植物を連れて四万十から帰ってきます
10月の佳き日
どなたもお誘い合わせのうえ もちろんお一人でも ぜひお出かけください

 

◉お時間(10/20,21両日とも)
10時〜 11時〜 12時〜 13時半〜(21日×) 14時半〜(21日×)
上記よりご都合の良い時間をお選びください
ヘアスタイリング〜撮影の所要時間は約1時間です
撮影後にほっと休憩できるflagのお茶菓子をご用意いたします

 

◉ご予約
代表者様のご氏名/ご希望の日時(第1,第2希望)/写真に写る予定の人数
上記3点をflagginshioya@gmail.comへメールにてお知らせください
詳細のメールを返させていただきます

 

撮影はフィルムカメラで行います
暗室で1枚1枚手焼きした六切プリントを
信頼の村上製本の特製台紙におさめてお渡しします

portrait.

住む町塩屋で2月に楽しみなイベントがあります

関わっているので 来ていただけるとうれしいです

http://www.nedogu.com/blog/archives/19614

 

 

海と山の境に人が住み、絵や音楽や食べ物を作って暮らしている。

生まれてからずっと、海からも山からも遠い平野にいた。

そこも海と山との境には違いないが、

人のやっている事も、いきものの仕草も、広すぎてよく見えなかった。

塩屋はとても細い境だから、異界からいろんなものが迷い込んでくる。

 

2016年5月、初めて訪れた塩屋の谷川には大きな鯉のぼりが泳いでいた。

細い路地のような商店街があった。緑と潮を含んだ光が明るかった。

こんな町に住んでいいんだろうかってにこにこしながら、

高いところから低いところまで歩き回った。

7月、買ったばかりの箒一本だけ持って戻ってきた朝方の塩屋谷川には、

いっぱいの七夕飾りが強い風に揺れていた。

 

それからの1年でひろったものをここに集めた。

 

 

加納千尋 写真展「ひろったような、」 10/16(月)~11/11(土)

会場: 784 JUNCTION CAFE

9:00 – 18:00 (1drink order)

日休・月不定休(会期中の月曜は10/23休)

サイト管理